給排水設備工事に必要な資格とは?簡単にご紹介

 

こんにちは

府中市を拠点に配管工事業を営んでおります、斎藤設備工業です。


給排水設備とは、私たちの生活の水を利用する上で必要不可欠な設備です。そんな給排水の工事をするために必要な資格があります。いったいどんな資格が必要なのでしょうか。


給排水工事に関する資格として代表的なのは給水装置工事主任者と排水設備責任技術者といえるでしょう。

給水装置工事主任者は、国家資格です。取得することで給水装置を適切に維持・管理・運用できるという技術を持つことを証明できるでしょう。排水設備責任技術者は排水設備工事を管理する者のことを指します。資格取得のためには各都道府県が実施する試験に合格する必要があります。合格するためには設計から施工に関して幅広い知識が必要でしょう。


このような資格を取ることで、指定給水装置工事事業者の認定を受けるためのステップを一つクリアすることができます。よって、給水装置工事主任技術者を必要としている企業が多いのでこの資格を持っていることでキャリアアップなどにも大きく役立つでしょう。


現在、斎藤設備工業では求人募集を行っています。経験者を中心に施工管理者や設計士の2職種を募集しております。詳しい、募集要項は求人募集ページにてご確認ください!


<求人募集>

https://saito-setsubi.com/recruit