冬の水道管には注意を!水道管保護についてご案内

 

こんにちは。

東京都府中市を拠点に、東京・埼玉・神奈川で管工事を行っている、斎藤設備工業です。


冬の寒さは水道管を凍結させ破裂させてしまう危険があります。破裂した場合は基本、水道料金や修理費用は個人負担となりますので、凍結防止をしっかり行っていきましょう。


■注意が必要な水道管

・水道管が北側にある

・水道管がむき出しになっている

・風当たりが強い


凍結を防ぐには、水道管に専用の保温材や布などを巻いて保温し、その上からビニールテープなどをしっかり巻き付け、保温材がぬれないようにするのが一般的です。


水道管やメーターの凍結が理由で水が出ないと考えられる場合は、凍った部分にタオルや布をかぶせ、その上からぬるま湯をかけてとかしましょう。このとき、急に熱いお湯をかけると水道管や蛇口が破裂することがありますので注意しましょう。



水道管が破裂してしまったら、水道工事業者へすぐ連絡しましょう。

しかし、冬場はこうしたトラブルが多いので、すぐに工事ができるとも限りません。

できるだけ凍結や破裂を防ぐよう努めましょう。